プリザーブドフラワー 海外に持ち込みってみんなしてる?

こんばんは。

プリザーブドフラワー教室 花学校の高見です。

 

今日はお天気も良く、そんな日はブログを書くのもノリよく楽しいです。

そしてそのままノリよく次の記事へ!

 

今回はプリザーブドフラワーと海外への持ち込みの話。

 

海外に持ち込みをしたいと思っている人は色々調べられるかと思います。

いく国ではプリザーブドフラワーは持ち込めるかどうか、その際何か必要なのかなど。

 

でも色々調べて、持っていけると分かっても、本当のところ、現実的にみんな本当に持っていってるのかな?と思うところかと思います。

 

そこでこの記事では本当のところ生徒さんがどうしているかをお伝えしたいと思います。

 

結論から言うと

 

普通に皆さん作りにいらっしゃって、海外へ持ち込みされています

 

花学校ではプレゼント、特に結婚式でプリザーブドフラワーを作られる方が多く、海外で挙式される方も多いんです。

 

持ち運びができるプリザーブドフラワーはとても便利なんです。

 

なので詳しく調べて大丈夫な国な場合、作りにこられます。

 

花学校では特にグアムに行かれる方が多いです。

 

では実際どんなものを持ち込みしているかというと、花学校では大きなアレンジ、花時計、写真立てを普通に持ち込みされています。

 

花時計は丸型は直径が24cm、写真立てはA4ぐらいの大きさ。そのぐらいの大きいものを皆さん持ち込んでいらっしゃいます。

 

最後に皆さん大概リゾート婚が多いのですが、どんなアレンジを作っているかをご紹介するとこんな感じ。

ブルーのプリザーブドフラワーが一番作られています。

 

そして貝殻やパールなども入れることがあり、今回はそんな貝などのアイテムを使って作られました。

 

幻想的な海を浮かぶようなフォトフレームです。

 

ヒトデや貝を入れて、お花の色も濃い色から淡い色まで色とりどりに作られました。

 

そしてこちらはパールを入れて!

ブルーが綺麗なプリザーブドフラワーの時計

 

シルバーとゴールド、二色のパールをところどころに入っていて可愛いらしい!

 

お花がぐるっと時計の周りを囲んでいるのも可愛らしいのですが濃い色も含まれていて豪華です。

 

ご参考に!

 

今回は海外へのプリザーブドフラワーの持ち込みについて書きましたが、皆さんいかがでしたか?

 

実際皆さんがどうされているか、クリアになったかと思います。

 

持ち込める国があれば作られるといいかと思います。

 

ただ事前に行く国のチェックをお忘れず!!

 

それでは楽しく作ってくださいね!

 

今回ご紹介したアレンジはこちらの単発レッスンにてレッスンいただけます

 

結婚式のご両親へのプレゼントなどギフトからお部屋のインテリアまで

花時計の詳細はこちらから
 
ウェルカムボードにも写真立てにもなる!

ウェルカムボード&写真立て(A4)の詳細はこちらから
 
メッセージも入れられる!
プリザーブドフラワーのリース リース

リースの詳細はこちらから
 
可愛いをぎゅっと箱に詰める!

ボックスフラワーの詳細はこちらから
 
10個のアレンジで自分色の部屋に!定期レッスン

定期レッスンの詳細はこちらから

●手作りプレゼントやインテリアに!
東京・表参道・青山
プリザーブドフラワーアレンジメント教室「花学校」
<レッスンメニュー・料金>
・ 単発レッスン

・ 定期レッスン

・ ワークショップ

・ 生徒さんのアレンジ

<簡単1分ご予約・空席状況フォーム>
・ 単発レッスン予約・空席確認
・ 定期レッスン予約・空席確認
・ ワークショップ予約・空席確認

10:00~21:00(19時最終受付)不定休 完全予約制
080-8865-6669
support@hanagakko.com
アクセス方法はこちら
東京都内 表参道・青山・原宿付近 駅徒歩6分
新宿・渋谷・横浜方面からいらっしゃっています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください